2014年03月04日

プリンターの設定(Precise-571JP)

完璧ではないにせよ、プリンターを使えるようになった。 その手順が以下の通り。

1. プリンターの電源を入れ、USBケーブルでパソコンと接続しておく。
2. デスクトップの[設定]→[CUPS印刷の設定]
3. 「新しくプリンタを追加しますか」で[はい]
4. 「Help Surefer」が表示されて数秒後に、ブラウザに「CUPS 1.4.8」が表示される。
5. 「管理者向け〜プリンターとクラスの追加」を選択
6. 「プリンター〜プリンターの追加」を選択
7. 「ローカルプリンター:(プリンターの機種名)」を選択
8. 「新しいプリンターの追加」で「続ける」を選択
9. 「プリンターの追加」でモデルを選択。 が、該当する機種は見当たらない。 該当する機種に近い型番を選択してみる。→「プリンターの追加」
10. 「デフォルトオプション変更」で「デフォルトオプションの設定」を選択

これで設定完了。 「メンテナンス」から「テストページの印刷」を選択。 Printer Test Pageが印刷されれば成功。

カラー印刷はできなかった。 まあ、WEBページを印刷したい程度の用途ならこれで十分だろう。

posted by Puppy Linux User at 00:45 | Puppy Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月20日

Dropboxのインストール(Precise-571JP)

インターネット上にあるサーバにファイルを保存、共有できるDropboxをインストールした。 USBメモリをガチャガチャ抜きさす必要がなくなった。

タロ兵衛さんの記事を参考にした。
http://puppy.sblo.jp/article/53358505.html

インストール方法:
上記サイトから、「試しにsfs版も作ってみた(これ)」をクリック
→ダウンロードした「dropbox-1.1.43.sfs」を、「/mnt/home」に置く
→[メニュー]→[セットアップ]→[SFS-Load オンザフライ]を選択
→「SFSをロード」で「dropbox-1.1.43.sfs」を[ロード]
→Dropboxを起動

Dropboxの設定方法:
Dropboxを起動、アカウントを入力
→「アップグレードしますか」画面 無料の[2GB]を選択
→「セットアップタイプの選択」画面 [標準]を選択
→「ツアー」画面 全部見たければ、[次へ]を繰り返し。見る必要がなければ、[スキップ]を選択
→完了

これで、画面右下に箱のアイコンが出てくるはず。

ちなみに、Puppy Linuxの起動時ネットワーク接続前にDropboxが起動してしまうらしく、エラーになる。 [ファイル]→[Startup]から「DropboxRun」を削除。 [メニュー]→[インターネット]→[Dropbox]で手動起動することにする。(これもタロ兵衛さんの記事を参考)

※1 サイズの大きなDropbox内ファイルの削除は、右クリック→[ファイル]→[削除]かDropboxのサイトから行うのが無難そう。 筆者はゴミ箱へ移したところ、個人保存ファイルの残り容量がおかしなことになった。

※2 Dropboxはパソコン外のインターネット上にファイルを保存するしくみ。 ID・パスワードが漏れると、他の人にファイルを見られてしまう可能性がある。 個人情報を含むファイルの保存は慎重に。
posted by Puppy Linux User at 23:15 | Precise-571JP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月16日

個人保存ファイルを大きくする

capture5888.png

あれこれソフトをいれていると、「個人保存ファイルが不足している」旨の表示がでてきてしまうことがある。 そんな時は「個人保存ファイルのリサイズ」。

[メニュー]→[ユーティリティ]→[個人保存ファイルのリサイズ]

ここで、大きくするサイズを選択するのだが、画面に出てくる説明はよく読んでおいたほうがいいだろう。 特に、一度大きくしたサイズは元には戻せない点に注意。

筆者の場合は、Puppy-431JP2012でリサイズする必要が生じた。 [+512M]で問題なし。 
posted by Puppy Linux User at 00:10 | Puppy Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。